社会人が彼女を作る前に知っておきたい結婚観

養って欲しいだけの女には気を付けろ!!結婚するときに絶対注意するべきポイント。

モテる読者の皆さんは、
恋愛プレイヤーとしての活動を通じて、
多くの女性と出会いその中には
生涯のパートナーとしての付き合いを
考える程の女性も現れるだろう。

しかし、よく言われることであるが、
女性は変わりゆく生き物である。

恋人として付き合っている時が一番楽しく、
その状態が結婚してもそのまま続くと
考えてしまう若い読者も多いだろう。

しかし多くのケースにおいて
恋人としての彼女と、
妻となったときの彼女は、
男性からしたら別人のように
変わってしまう可能性もかなり高いのだ。

今回は日本の婚姻制度を使った形で、
家庭を築こうとしている場合の、
(普通に結婚しようとしている場合の)
女性を選ぶ際の注意点を紹介しよう。

<この記事の結論>
1.嫁はデート3回目以内にセックス出来た
   女の子の中から選んだ方が結婚後に
   後悔する可能性は低い。
2.専業主婦希望の女の子は避けた方が無難。
3.入籍は最後の最後で良い。
 なんならしなくても法律上問題は
   何ひとつ無い。




相手はあなたをどのように見ているのか?

彼女はあなたのことを
どう見ているのだろうか?

男性としてきちんと相手を
魅了出来ているだろうか?

つまりGood Genesとして
相手から認識されているのだろうか?
ということだ。

もちろんパートナーとして、
最低限のGood Dadの魅力を
感じてもらう必要はある。

しかし、あなたの性的な魅力によって、
彼女を魅了していることが
非常に重要なのである。

ただ養って欲しいだけの女である可能性がある

Good Dadの魅力でしか、
彼女を魅了出来ていないと、
入籍した途端に豹変する可能性や
ただ養ってもらいたいだけの
女である可能性が
非常に高くなってしまうのだ。

豹変すると表現したのは、
例えば入籍前はあなたにとても従順で、
わがまま一つ言わなかった彼女が、
入籍してしまえばこっちのもの、
と言わんばりに急にわがままになったりするのだ。

さらに例を出すと、結婚した後も仕事を続ける、
という約束だったのに入籍した後に
なんだかんだ理由を付けて
子供が出来た訳でもないのに
仕事を辞めるたりする、
このような傾向があるのだ。

結婚相手を間違えると人生詰む。性的に魅了していることが重要

また別の記事で紹介する予定だが、
この類の女を妻にしてしまうと、
間違い無く人生が”詰み”の状態になってしまので
くれぐれも判断は慎重にして欲しい。

ただ単純に婚姻制度によって、
あなたから時間と金を無駄に奪う存在を
背負わされたのだ。

しかもその存在は若かった頃の魅力は
加齢とともにどんどん失われ、
次第に厚かましくなり、
なぜこんな女と結婚したんだと、
心の底から後悔することになる。

しかも離婚するにもさらに膨大な
エネルギーと金が必要となるのだ。

Good Genusの魅力で魅了してこそ、
本当の意味で女性をコントロール
出来るようになったと言えるのである。

彼女は自分のGood GenusかGood Dadか
どの要素で魅了出来ているのか、
今一度確かめてみよう。

→【女が感じる男の二大魅力:Good DadとGood Genesとは?

ハイスペで真面目な男性は特に気を付けろ

Good Dadのみの要素だけで魅了していると、
上記で述べたように旦那の金だけが目的で、
結婚後のまったりした生活のためだけに、
寄ってくる女も多いので、注意が必要だ。

特に今まで女遊びもせずに
真面目に働いてきた男性ほど、
ターゲットになりやすい。

養って欲しいだけの女は、
そのような男性をあえて選んでいるのだ。

どれだけ早くセックス出来たかで判断せよ!

異性としてきちんと魅了出来ているか、
ということを判断するには、
今のパートナーと出会って何回目のデートで
セックスしたかを振り返ってみると良い。

一般的な目安だが遅くとも
3回目以内に出来ていたら
まぁ異性として魅了出来ている
と考えていいだろう。

それ以上回数が多くなっていると
すこし警戒した方が良いかもしれない。

養って欲しいだけの女は予想外に世間には多い。

旦那に食わせてもらうだけの
まったりした生活に憧れている
クソみたいな女は本当に多い。

しかもそんな女に限って知恵が働くのだ。

本能的に結婚したら(=入籍したら)
こっちのものだ!と分かっている
低所得の女が世間には多いのだ。

また事実そうなので、本当に厄介だ。

話は逸れるが、パパ活サイトを覗いてみたとき
世間の本当の実態というものを
垣間見た気がした。

→【【成功事例】シュガーダディというパパ活サイトで金を掛けずに可愛い子を選んでセックスした裏の攻略方法。

女性も加齢とともに知恵が付いてくる

一般的に女性は20代前半の頃は、
性的魅力で判断している傾向が多く、
Good Genusの魅力が強い
ヤリチンに心惹かれることが多い。

しかし、20代後半ともなってくると、
社会の仕組みを理解出来てきて、
知恵が付き、また結婚ということを
より強く意識するようになる。

そのため、
Good Genusに対しては警戒し、
Good Dadの魅力がより強い、
いわゆるハイスペ男に打算的に
惹かれていくのだ。

「金持ちの奧さんになったら、
 楽な生活が出来るんじゃね?」
「万が一離婚になったら、
 いっぱい慰謝料請求してやる」
こんな発想になる女も少なくないので、
ハイスペ及びその予備軍の皆さんは要注意だ。

入籍するのは最後の最後!!

さて、これまで述べてきたように
ただ養って欲しいだけの女は、
付き合っている最中(結婚するまで)は、
非常によく尽くしてくれる傾向が強い。

付き合っている間は料理などを頑張り、
妻に向いている女ということをアピールし、
彼氏をその気にさせていくのである。

そのため入籍届にサインし
結婚生活を送るまでは
良い結婚生活になるのか未知数だ。

相手の本心が見抜けない場合は
ギャンブルでしかないのだ。
(見抜けない場合は99%であるが)

入籍する前に必ず同棲しよう

そのため入籍する前までに
同棲することを強くオススメする。

半年から一年くらい同棲すれば、
相手の本性も分かってくるものだ。

また、いざ結婚することが決まっても
入籍するのは最後の最後だ。

結婚式が終わるまで、本当に何があるか分からない。

結婚式を通じて相手の本性もかなり分かる

結婚式は無駄に多額の金を浪費する
出来れば避けたい行事である。

しかし結婚式は2人で行う最初の共同作業で、
それを通じて相手とこれからやっていけそうか、
判断出来る絶好の機会となるのだ。

相手がどれだけ結婚式に金を掛けだがるのか
見栄っ張りなのか、倹約家なのか、
ちゃんと仕事をするのか、等々。

結婚式の準備から当日終わるまで
素直に自分の感性に従ってみて。
相手に少しでも違和感を感じるならば,
慎重に考え直してみよう。

ぶちゃけ入籍なんていつでも良い
入籍することは、いつでも出来るのだ。

同棲や結婚式を終えて、
それでも一緒になりたいと思ったときで
全く問題ないので、入籍だけは
最後の最後にした方が良い。

なお、言うまでも無く離婚をすることは、
結婚する以上に膨大なエネルギーと
時間と金を無駄にすることになるので、
しつこくて恐縮だが、
くれぐれも入籍は慎重に行おう。

まとめ

よく婚姻届を出すことは、
借金の連帯保証人になるよりも怖い、
と言われているが、まさにその通りだ。

借金は金額の大小にもよるが、
金なので返せば済むことだ。
しかし結婚生活は、そうはいかない。
相手を間違えれば、人生が地獄になる。

今回紹介したことを参考に
よくよく慎重に判断をして欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 社会人が彼女を作る前に知っておきたい結婚観

    結婚とは何のため、誰が得するための制度なのか?

    婚姻制度とは、一体なんのための制度なんだろうか?前回の記事で、…

  1. 社会人が彼女を作るためのモテテクニック

    複数の女の子と付き合う技術。ポストセックスピリオドでの陥りがちな罠。
  2. 社会人が彼女を作るためのナンパノウハウ

    【初心者がナンパの成功率を上げる方法1】「ブサメンだからナンパは無理」は言い訳。…
  3. 社会人が彼女を作るための鉄板デートコース

    【銀座・有楽町】鉄板デートコース!!初心者おすすめ即日セックス可能なやつ!
  4. 社会人が彼女を作るための恋愛知識&世渡り知識

    従順な社畜に擬態せよ!!女と金で成功するためのサラリーマン処世術。
  5. 社会人が彼女を作るためのファッション磨きと身体作り

    冴えないサラリーマンに不足しているモテホルモン!!テストステロンが増えるとモテる…
PAGE TOP