社会人が彼女を作る前に知っておきたい結婚観

日本の女性は「結婚教」に洗脳されている!?婚姻制度について、よく理解しよう。

さて、このサイトの情報を忠実に実行し、
その結果、モテる男になった皆さんは、
ある一つの事実に気付くだろう。

「結婚」に異常な程にこだわる女性の
なんと多いことか・・・?

筆者の経験だと、自分を好きになってくれて、
ずっと一緒に居たいから、
そのために結婚したいと言う考えではなく、
結婚を目的として、筆者と付き合っているのでは?
と思いたくなるような女性も少なからず居たのだ。

手段と目的が逆になるという、
なんとも日本人らしい傾向ではあるのだが・・・。

今回は「結婚」とは何なのか?
今一度きちんと見つめ直してみたいと思う。

<この記事の結論>
⒈「結婚教」に多く人が洗脳されている。
⒉ 目的は幸せな家庭を築くことであり、
  婚姻制度を使うことではない。
    あくまで結婚は幸せな家庭を
    築くための1つの手段でしかない。




いつの間にか洗脳されている

一般的には、離婚でも経験しない限り、
現在の日本の婚姻制度の内容と、
その問題点について、知る機会も
勉強する機会もほぼ無いだろう。

多くの日本人が内容を良く理解しないまま、
自身の人生を左右しかねない程の影響力のある、
婚姻届にサインをしているのだ。

なぜ多くの人は結婚制度の中身を知らないのに結婚したがるのか?

よく考えれば、これは非常に恐ろしいことだ。

結婚(婚姻制度)を法律面から理解すると、
場合によっては、借金の連帯保証人になるよりも
多くのリスクを背負うケースもある。

これは、大げさな誇張ではなく、事実なのだ。

また、これが知人やビジネスパートナーに
お金を貸す場合は借用書など、
事前の決まり事やある程度の
法律面のことは最低限調べるだろう。

それなのに、なぜ婚姻制度の内容を知らずに
結婚したがる女性やそれにサインをする男性が
多いのだろうか?

思考停止していないか!?

多くの日本人は、以下のプロセスを踏むことが
暗黙の共通認識?になっているように思える。

それは、好きな女性が出来る→
告白する→付き合う→結婚する→子供を作る、
というものだ。

たいていの人は、
これに何の疑問も持たないし、
上記以外のプロセスで家庭を築くことに
強い違和感を覚えるだろう。

これは単純に思考停止しているだけなのだろうか?

否!!この状況を突き詰めて考えると、
日本に静かに蔓延っていた「結婚教」という、
ある種の宗教には洗脳されていると、
言えるのでは無いだろうか?

入籍しなければ家庭を築けない、なんて誰が決めたのか?

冷静になって、今一度考えて直して欲しい。
夫と妻だけでも、またその子供がいればなお、
「家族」と呼ぶには十分だろう。
そして、当然だが子供は入籍せずとも
セックスすれば出来るものなのだ。

家族になるためには、入籍しなければならないと、
一体誰が決めたろうのだろうか?

誰が結婚教を広めているのか?

ここで、皆さんに思い出して欲しい。
以前の記事で、なぜか日本の恋愛に蔓延る
「告白ルール」について、紹介した。

この家庭を築くということにおいても
上記と同様に結婚制度によって得をする
”誰か”が静かに「結婚教」を布教し、
広く国民を洗脳していったのである。

その犯人は誰なのか?それについては、
また次回以降の記事で紹介するとしよう。

目的は幸せな家庭を築くことで結婚教に屈する必要はない!

今は、告白ルールと同様に、
誰が決めたか分からず、
洗脳された国民の同調圧力によって
支えられている、「結婚教」などに
屈する必要はないということである。

あくまでも目的は、
「幸せな家庭を築くこと」であり、
結婚はその目的を達成するための、
手段の一つでしかない、ということなのだ。

海外は日本に比べて事実婚が圧倒的に多い

さてここで、海外の事例も紹介しよう。

◆結婚しないドイツ人〜事実婚・婚外子が多いワケ〜

◆事実婚で何が悪い!?世界の結婚しない国5選

海外では、事実婚が進んでおり、
割合も日本に比べるとはるかに多い。

また、筆者のお伝えしたいことととして、
誤解して欲しくないのだが、
婚姻制度がダメで、事実婚が正しい、
と言うつもりは一切ない。

結婚教が蔓延ることで起こる問題点

現状の大きな問題点として、
筆者が考えることは、以下の点だ。

①婚姻制度の内容とリスクが周知されていない。
知らせないように隠されているのでは?と
個人的に思うほどだ。

②幸せな家庭を築くという目的に対して、
個人によってそのための様々な手段を
自由に選べていいはずであるし、
個人の意思として尊重されるべきである。

しかし、今の日本の同調圧力によって、
なぜか事実婚という手段を選んだ人に対して、
無根拠の偏見や、責任の放棄といった
ネガティブな印象を抱く人間が多い。

多くのカップルが、それぞれの事情と
意思に応じて選択した手段が
偏見なく尊重されること。

また、多様な形式の家族が認められながら
暮らしていける社会が最も健全だと思う。

まとめ

今回は、恋愛プレイヤーとして避けては通れない、
むしろ、最終目的である家庭を築く
ということについて紹介した。

この機会に、まだ独身の読者の方は、
どのような家庭を築いていきたいのか、
今一度考え直して頂ければと思う。

次回以降で、婚姻制度における
詳しい内容とそのリスクについて、
何回かに分けて紹介していこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 社会人が彼女を作る前に知っておきたい結婚観

    結婚とは何のため、誰が得するための制度なのか?

    婚姻制度とは、一体なんのための制度なんだろうか?前回の記事で、…

  1. 社会人が彼女を作るための恋愛知識&世渡り知識

    女が感じる男の魅力とは?Good DadとGood Genesの相反する二つの要…
  2. 社会人が彼女を作るための鉄板デートコース

    【銀座・有楽町】鉄板デートコース!!初心者おすすめ即日セックス可能なやつ!
  3. 社会人が彼女を作るためのモテテクニック

    身体の関係になってからが本当の恋愛の始まり!!恋愛関係に至るまでの過程を体系的に…
  4. 社会人が彼女を作るための恋愛知識&世渡り知識

    一通りモテるようになったら。モテる男が次に目指すもの。
  5. 社会人が彼女を作るための恋愛知識&世渡り知識

    彼女が出来ない社会人男性へ。 彼女を作るために守るべき3か条。
PAGE TOP