社会人が彼女を作る前に知っておきたい結婚観

結婚とは何のため、誰が得するための制度なのか?

婚姻制度とは、一体なんのための
制度なんだろうか?前回の記事で、
意図的に隠されていると言っても
過言ではない婚姻制度のリスクについて
説明をした。

一体、誰がなんのために、
負の面を隠してまで(と思わせる)
婚姻制度を使わせたがるのだろう。

あくまで筆者の個人的な推測に過ぎないが、
ある程度の納得感があると思うので、
今回紹介させてもらう。

日本という社会の安定のため

まず、真っ先に挙げられるのは国の安定のためだ。

モテる男を野放しにしておくと、
8割の女性がモテ男に取られ、
非モテは残った2割の女性を奪い合うという
社会構造になるだろう。

すると、当然女性にありつけない男性が
増えてくる。
このような社会的に不遇な層の人口が
多くなってくると、格差が広がり、
社会が安定しなくなるのだ。

つまり結婚とは、モテる男にも、
モテない男にも1人の女性を
それぞれ平等に充てがうという機能を
持った女性の再分配のシステムなのである。

働きたくない女性達

そして、次に挙げられるのが、
何と言っても男に養って欲しいと
考えている女性達である。

仕事が嫌で働きたくないが、
安定したそこそこ裕福な暮らしをしたい、
そんな女性達はいつの時代も多い。

前回の以下の記事でも紹介したが、
一部の女性は結婚が目的、
つまり、法的に自分を養ってくれる
仕組み(=夫)が欲しいだけの人間も多いので、
本当に注意が必要だ。

彼女たちのインセンティブも相まって、
日本で事実婚に対する偏見も
未だに解消しないのではないかと
疑ってしまうくらいだ。

暗黙の同調圧力に屈するな

結局は、国とそれに便乗しようとする
小賢しい女達の目的が一致して、
結婚させようとする無言の同調圧力を
生み出しているのだ。

しかも質が悪いことに、日本という国に
生まれた瞬間から、結婚に関する洗脳教育は
始まっているのである。
幼い頃から、アニメや音楽、映画といった
小さい子や若者が
すぐに取っつきやすい媒体を始め、
婚姻制度を使った家庭を築くことが
最も幸せな形態であるという風に、
思い込ませて育てて行く。

そして多くの場合、男性の方が女性よりも
収入が多いケースがほとんどだ。

男性には、女性を養って行くことが、
「男気」や「一人前の男」というような
風潮を生み出して、
全くメリットが無いにも関わらず、
デメリットのみを背負わすことを
正当化させる雰囲気を醸成して行く。

そして、結婚適齢期を迎える頃には、
立派な婚姻制度に洗脳された大人に
なっているのである。

以前の記事で紹介した、
「告白ルール」同様に本当によく出来た
暗黙のシステムであるのだ。

まとめ

以上、3回にわたって結婚制度の
実態について説明してきたが、
この制度がどのようなものなのか、
ご理解頂けただろうか?

婚姻制度を使うということは
少なくとも夫婦仲が良好な状態であれば
(夫婦別姓が認められない煩わしさはあるが)
何ら不都合は無いと言っても過言では無い。

しかし、一度別れるという選択肢が浮上するとき、
女性という生き物は、危機的状況になると、
自分を守るために、情け容赦がなく、
相手から搾取しようとするモードに入るのだ。
今まで自分に見せてくれていた
優しい笑顔が嘘だったかのように。

この婚姻制度の歪んだ制度設計のせいで、
女性は国家権力を利用し、
自分の財産を奪おうとしてくるのである。

このようなリスクがあることを
きちんと認識した上で、
自らの判断で選択して行って欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 社会人が彼女を作るために頑張ったデート成功事例と失敗事例

    【成功事例】恵比寿の街コンで知り合った26歳OLと準即日セックスしたアラサー男の…
  2. 社会人が彼女を作るための鉄板デートコース

    【日本橋】鉄板デートコース!!上質な大人デートを演出出来る初心者おすすめ即日セッ…
  3. 社会人が彼女を作るための恋愛知識&世渡り知識

    一通りモテるようになったら。モテる男が次に目指すもの。
  4. 社会人が彼女を作るためのナンパノウハウ

    【ナンパ初心者必見】都内でナンパしやすいおすすめスポットまとめ一覧。
  5. 社会人が彼女を作るためのモテテクニック

    身体の関係になってからが本当の恋愛の始まり!!恋愛関係に至るまでの過程を体系的に…
PAGE TOP