社会人が彼女を作るためのモテテクニック

セフレの作り方を教えよう。 しかし妥協して同じレベルの女の子に留まってはいけない。

”モテる”男は、なぜモテるかというと、
他の女から”モテている”からに他ならない。

なんとも身も蓋もない話であるが、
これは残酷な事実なのだ。

非モテ男がモテ男になるためには、
一時的にでもモテている状態を
作らなければならない。

そのような意味で、
セフレの女の子が何人かいる状況を
目指すことは、意味がある。

今回はその方法について教えよう。
しかし、後述するが
決してそこで満足にしてはいけないのだ。
セフレを作ることの意義と、
留意しなければならない点について説明しよう。




出会いから最初のデートまでの振る舞い

セフレを作るためには、
出会いから最初のデートまで、
以下のステップを意識して実行してみよう。

【Step1】Good Genusの魅力を極める。
具体的には、筋トレや有酸素運動で
BMIを19以下の体型にする。

さらに、以下の記事を参考にして、
金を掛けずにオシャレなファッションを
身に纏うのだ。

【Step2】「遊んでそうな雰囲気」を常に出す。
これはもう慣れでしか無いのだが・・・。

言葉にして直接伝えるのは、NGであるが、
・「全く女に困っておらず」
・「彼女はいらないと思っていそう」
・「でも遊びまくっている」
という印象を出会った時に、
相手の女の子に与えられる振る舞いをしよう。

繰り返しになるが、あくまで振る舞いで
相手にそのような印象を抱かせることが
重要であって、言葉で直接的に
表現してはならない。

これで後日のアポイントに
繋げることが出来れば、
少なくとも相手は、
チャラくて真剣に付き合う恋人は
必要なさそうな男とデートしてくれる、
ということになる。

その場合、あなたのGood Genusの魅力が
相手に刺さっている可能性が高いのだ。

【Step3】必ず1回目のデートから家に誘う。
デート中も必ずハンドテスト及び
ボディタッチを繰り出し
「この後セックスに誘う」
という雰囲気を全面に出そう。

あくまで雰囲気であるが。

さらにデート中の会話で、
元彼とのセックスの話ができれば、
なお今後の展開を
有利に進めることが出来るだろう。

そしていつものお決まりのパターンで、
必ず家かホテルに誘うのである。

実のところ、このホテルもしくは
自宅に誘うときは、ほぼそれまでの経緯から
決着が付いているので、
本質的にこのフェーズはそこまで重要ではない。

最も重要なのは、いかに最初の出会いで、
「この人チャラそう」と思われ、
「2人でご飯に行ったら必ず誘われる」
という印象を抱かせつつも、
きちんとデートに来てくれるように
相手の女の子を魅了することなのだ。

そのため、繰り返しになるが、
Good Genusの要素を
極限まで高めなければならない。

そして、見事に連れ出せたらベットでは、
毎回必ず女の子をイカせるくらい
床上手になるのだ。

関係性を早々に線引きする

相手の子のセックストリガーが引かれ、
相手があなたに夢中になって来たら
「俺は自由人であるため、結婚に向かない。

しかも君の両親にはまずもって、
気に入られないタイプの男だから、
俺はやめておいた方が良い」などと、
自分から先に言ってしまおう。

女性とは不思議なもので、
セックストリガーが引かれている状態で、
このようなことを言われてしまうと、
逆に気になってしまい、
強く惹かれるのである。

そして、あなたとのデートは、
毎回必ず夜の食事とセックスだけだ。

あなたは休みの日でも日中は仕事や勉強が忙しく、
昼間のデート(遠出や映画、ショッピングなど)は、
正式な彼氏に任せたり、女友達と行ってもらおう。

決して、あなたは
日中のデートに行ってはいけない。

そうすることで、あなたは彼女の中で、
都合の良いセフレのポディションを
確実に築いて行くことが出来るのだ。

様々な恋愛の形。あなたの最終目標は?

このようにセフレが出来てくると、
セックス不足に陥ることがなくなり、
女性関係はかなり充実してくるはずだ。

そして、この状態で恋愛活動をしていると、
段々と自分がすぐに落とせる女の子のタイプというか、
レベル感も何となく分かってくると思う。

今の実力で難なく落とせるレベルの女の子を
何人もセフレに出来れば、
初めのうちは満足かもしれない。

ましてや、今まで非モテ男だった方が、
そのような状態になれたのであれば、
なおさらだ。

しかし、その状態に安住してはダメなのだ。

恋愛活動もあえて自分で意識して、
アプローチする女の子のレベルを
上げていかないと、
多くの時間と金を無駄にすることになる。

いわば、壮大なマスターベーションに
なってしまうのである。

コンフォートゾーンにいつまでも
安住していると全く進歩がない。

この段階になったらあなたは何のために
モテようと思ったのか、振り返って欲しいと思う。

1人の大好きな女性と法律婚をして
家庭を築きたいのか、
それとも事実婚ベースで
複数の家庭を持ちたいのか。

人それぞれに最終的な目標というか
理想があるはずだ。

それを決して見失わないで欲しいのだ。

まとめ

今回は、セフレの作り方を説明したが、
それは、読者の皆さんが
理想とする将来の目的を達成する手段として
役立てて欲しいからである。

楽に落とせるレベルのセフレに囲まれて
性的に不自由しない毎日を過ごす、
ということが本当の目的であるのであれば、
それはそれで良いのだが・・・。

多くの読者の皆さんは、モテ男になって
さらにその上でどうなりたいのか、
何かしらの理想があると思う。

現状に満足せず向上心を持って
どこまでも突き抜けて欲しいと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 社会人が彼女を作るためのモテテクニック

    デートコースも目的から逆算せよ!成功するデートの秘訣その2

    前回は計画的なデートの必要性を説明した。今回も引き続き、計画的…

  1. 社会人が彼女を作るための恋愛知識&世渡り知識

    恋愛における最強の「心の状態」(=マインドセット)とは!?
  2. 社会人が彼女を作るための恋愛知識&世渡り知識

    一通りモテるようになったら。モテる男が次に目指すもの。
  3. 社会人が彼女を作るためのモテテクニック

    いい人がモテるには!?モテない”イイ人”が取るべき最強の恋愛戦略
  4. 社会人が彼女を作るためのファッション磨きと身体作り

    男の美肌はコスパ抜群の投資。手軽に見た目レベルを向上出来るおすすめサプリ。
  5. 社会人が彼女を作るための鉄板デートコース

    冬のデートのおすすめスポット。恋愛初心者はクリスマスまでが絶好のチャンス!!
PAGE TOP